投稿者「Kazuya Tamakoshi」のアーカイブ

CanonからSonyへ機材を入れ替えた5つの理由(EOS C100 Mark II ⇛ FS5 II)

餅は餅屋?

つい先日、弊社のシネマカメラをCanonからSonyへ入れ替えました。
元々、Canonでスチールの仕事をしていたこともあり、Canonのレンズ資産を手放すことを躊躇っていましたが、ボディをはじめレンズも全て売却しました。今日はその理由や、メインで使用していたC100mk2について書きます。

はじめに

  • 「どのような撮影を、どのぐらいの人数で行うのか」それによって最適なカメラは変わってくると思います。参考程度にどうぞ。
  • 普段の私の撮影は、ランアンドガンスタイル(※手持ち撮影)多めです
  • 以下、Canonのことを酷評していますが、スチール撮影では圧倒的にCanonが使いやすいです。正直Sonyのα6500やα7では、とても写真を撮ろうという気にはなれません。

CanonからSonyにした主な理由

  • FS5がワンオペには最適
    • 小型軽量で、リグなしでも十分取り回ししやすい
    • 記憶媒体は、SDカード。納品時まで撮影データは残しておきたいので、SDカードだとコスト的にありがたい※購入予定だったC200は、CFast2.0
    • FS5Kとして同梱される標準レンズ”E PZ 18-105mm F4 G OSS”が非常に使いやすい
  • 併用予定のαシリーズ(α7やα6500)が非常にコンパクトで使いやすい
    • 機動力が問われるイベントのダイジェスト撮影などでは、αシリーズが使いやすい
    • 台数を稼ぎたいとき、FS5 / α7 / α6500の組み合わせは最強?
  • Canonに比べ、Sonyのインタフェースはとても使いやすく、撮影機能が充実
    • 機種が違ってもメニュー画面のインタフェース、ボタンやスイッチ類の操作性がほぼ同じ
    • αシリーズにもゼブラやピーキング機能が搭載。EOS 5Dシリーズには未だ搭載されず…。
  • 色を合わせやすい
    • 業務用ビデオカメラは、Sony(Z150/X70など)を使用しているため、Z150とFS5をマルチカムで使用しても多少のカラコレでOK!
  • 周りもSonyを使用している
    • 知り合いのカメラマンさんもSonyユーザが多く、一緒に現場に入った際に色々と好都合
    • (目標にしている)鈴木佑介さんもSonyを愛用(※何気に重要!)

C100mk2の不満だったところ

  • Lレンズを装着すると、バランスが悪い
  • モニターのデフォルト位置が手前すぎて使いづらい
    • ATOMOS SHOGUNなど外部モニターを上部に乗せるとバランスが悪い
  • RECボタンが押しづらい
    • EOSの一眼レフカメラの感覚で押し込むとRECされない
  • MEDIA画面(Sonyで言うThumbnail画面)で、決定ボタンで再生できない
    • 再生するには、”▶”ボタンをわざわざ押す必要がある
  • レックレビュー(Sonyで言うLAST SCENEボタン)すると音声が出力されない
    • なぜ?? ⇛ 仕様だそうです。
    • ドラマ撮影の現場で、プレイバックしたときに音が聞こえなかったため、音が録れていないのかと本当に焦りました…。
  • ハンドルユニットがグラグラする(遊びがある)
    • 個体の問題かと思いましたが、レンタルした機材いずれも若干遊びがありました
  • ハンドルユニットをバラして持ち込もうと思えない
    • 取付に時間が掛かる
    • 荷物をコンパクトにできない
    • ハンドルユニットケーブルを痛めてしまいそう
  • 有機ELモニターのクオリティがそれほど高くない
    • 外部モニターと比較して、露出が適切とは思えない
    • ピーキングの表示精度が低い
  • SDカードを1枚しか挿入していない場合、該当のスロットを”SLOT SELECT”しなければ収録できない
    • RECボタンを押しても録画ができず、「故障した!?」と思ったことがありました。
    • SDカードが挿入されているスロットを自動的に選択してほしい

C200 / C300mk2は?

ほんの少し前までは、EOS C200を購入する予定でした。C200は、液晶モニターやフォーカスアシストなどの面で、C100よりも圧倒的に優れているので、それだけで買う価値があると思います。ただ、C200やC300mk2は、C100に比べ随分大きいので、少人数のチーム(1〜2人)では、取り回しが難しいと思います。
EOS 5Dシリーズなどと比べると、映像を撮影するには圧倒的に使いやすいC100ですが、普段使用しているSonyの業務用ビデオカメラより、痒いところに手が届かないと感じてしまう点が多かったです。

シネマカメラを検討中の方で、CanonかSonyでお悩みの方は、それぞれ購入前に一度触ってみることをオススメします。ご質問などあれば、お気軽にコメントください。

追ってFS5 IIのレビューもしたいと思います。

私が映像制作をはじめたきっかけ

2016年ごろの私

2016年4月。その頃の私は、Rubyエンジニアの端くれでした。1月に大阪から東京に引っ越してきたばかりで、知り合いもほとんどおらずコネクションも皆無だったため、売上がほとんどなく、サラリーマン時代に貯めた資金も底付きかけており、いよいよヤバイという状況に私は追い込まれていました。そんな中、「Ruby / Ruby on Rails ビギナーズ倶楽部」という勉強会にちょくちょく参加していました。なんとこの勉強会には、Railsチュートリアルなどの日本語化を手がけられているYassLab(※現YassLab株式会社)の安川さんが運営メンバーとして参加されており、私は、なんとかして安川さんとお近づきになれないか…と機会を伺っていました。

そんなある日、「Ruby / Ruby on Rails 平日もくもく会 第4回」という勉強会が少人数で開催されました。私がコーディングを行うその横で、安川さんは、ゴールデンウィークに開催する「Rails解説セミナー」の様子を撮影すべく、iPadを三脚に取り付けたり、録画チェックをしたり準備をされていました。私は、趣味でカメラ(写真)をしていたので、「これはチャンス…!」とばかりに勇気を振り絞って声を掛けました。

「何か手伝いましょうか?カメラは好きなので、何かお手伝いできるかもしれません。」
「おっ、じゃあぜひお願いします!」と二つ返事の安川さん。全てはこの瞬間から始まったと言っても過言ではりません。

続けて私は言いました。
「とりあえず、iPadじゃ心もとないので・・・」

_人人人人人人人人人人人人人人人_
> うちのEOS 5Dで撮りましょう <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

恐ろしい!何度思い返しても恐ろしい発言をした私。本当にこの頃は動画について無知で、Canonの一眼で長尺が撮影できるものと思っていました。すぐさま部屋の外に出て、元ブライダルカメラマンだった彼女(現妻)に相談したところ、「何言ってんの!?1日8時間もあるセミナー、一眼で撮れるわけないやん!色んな意味で!」とお叱りの言葉をいただきましたw

そこで「安川さん、すみません。無理でした!」とは言わず、「えっ、じゃあどんなカメラやったらいける?」となぜかカメラの購入を検討し始めた私。そして「えっ、じゃあショップ見に行く?」と割と前向きな返事をくれた妻。(今思い返せば、こんな滅茶苦茶な提案をいつも聞いてくれる妻には感謝しかありません)

Sony HXR-NX3を購入する

そんなこんなで翌日(4/22)、中野にあるフジヤエービックという業務用カメラ機材を取り扱うショップへ向かいました。そこで相談に乗ってくださった店員のKさん。本当にありがとうございました!
ゲイン?アイリス??本当に何もわからない私に親身になって教えてくださったおかげで、今の私があると思っています。Kさんとの出会いも運命的だったとしか言いがありません。そんなKさんと貴重なメールが今も残っています。

株式会社フジヤエービック K様

昨日(4/22)、店頭で色々と教えていただいた玉腰和也と申します。
お忙しい中、ご丁寧にありがとうございました!

結論から申し上げますと、”SONY HXR-NX3″を購入したいと思います。
今後以下のようなスケジュールとなるため、遅くとも火曜日中(4/26)には
カメラを入手し、準備したいと考えています。

なんと、安川さんと会話した翌日には50万以上する機材(三脚やバッテリー、SDカードなど諸々の備品含め)の購入を決めていました…!私は、基本的に直感で行動するタイプなので、このときも意外なほど迷うことはなかったようです。

こうして、ゴールデンウィークに開催されたRails解説セミナー(全5日間)の撮影に挑むこととなるのでした。

つづく。

始動

会社を立ち上げた頃(2015年6月)から、軌跡を残したくてずっとブログを書こうと思っていましたが、2年半経ってようやく準備ができました。今年の8月にサーバを準備してドメインを取得。そっからしばらく放置して、第一回目のテスト投稿が5ヶ月後の12月。

先が思いやられますが、今後の投稿にどうぞご期待ください…!